この翻訳は翻訳者の許可を取ることなく好きに使ってくれてかまわない。ただし訳者はそれについてにいかなる責任も負わない。
翻訳:東 照
ご意見・ご指摘などは
メール
まで。
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典
HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む

ジョゼフ・バルサモ

アレクサンドル・デュマ

訳者あとがき・更新履歴
著者略年譜・作品リスト

第九十一章 王太子殿下の小膳式

 同日、ド・タヴェルネ嬢は三時に自室を出て王太子妃の部屋に向かった。正餐の前に朗読をするのが習わしだった。

 初め妃殿下の朗読係だった司祭はお役御免になっていた。今では高度な政治的駆け引きに携わり、しばらく前から外交問題にその政治能力を遺憾なく発揮している。

 そういうわけでタヴェルネ嬢は念入りに着飾って持ち場に向かった。トリアノンにいる人々の例に洩れず、困ったことに不意に引っ越しを命じられたので、何の準備もなかったし、食器もなく、家具も入れていなかった。仕方がないのでド・ノアイユ夫人の小間使いに着替えを手伝ってもらった。この貴婦人はその厳しさから、王太子妃にエチケット夫人と呼ばれている。

 アンドレは雀蜂のように腰を絞り、そこからふわりと広がっている青い絹のドレスを身につけていた。前が大きく開いているので、そこから三重の丸襞飾りの刺繍されたモスリンの下着が見えている。短い袖にも花綵模様で重ねられたモスリンの刺繍が施されていて、それが肩まで続いている。肩掛けには田園風の刺繍が施され、アンドレの首筋を控えめに覆っていた。美しい髪はドレスと同じ青いリボンで結い上げているだけだった。頬をかすめて首や肩に落ちかかっているふっさりとした巻き毛は、当時用いられていた羽根や冠毛やレースなど及びもつかぬほど、頬紅などつけたことのない艶もなく澄み切った誇り高く慎ましやかな相貌を引き立てていた。

 アンドレは歩きながら、見たこともないほどほっそりと整った指を白い絹手袋に滑り込ませた。すべすべとした青繻子で編まれたミュールのヒールの先が、庭の砂に跡を残した。

 トリアノンの館まで来ると、建築家と庭師と一緒に歩き回っていた王太子妃の姿を見つけた。一方、階上からは王太子がお気に入りの箱につける安全錠を作るために旋盤を動かしている音が聞こえていた。

 アンドレは王太子妃のところに向かおうと花壇を渡った。夜には丁寧に蓋をかぶされていた季節を先取りした花々が、弱々しい顔を上げて、花よりも弱々しい陽射しを浴びようとしていた。既に日暮れが近づいていた。この季節には六時には日が落ちてしまうので、庭師の弟子たちが寒がりの植物にガラス容器をかぶせるのに忙しくしていた。

 熊垂クマシデとベンガル薔薇で縁取られた並木道を曲がったところ、ちょうど芝生との境目の辺りで、アンドレは不意に庭師の一人に気づいた。その庭師はアンドレを見て鋤から身体を起こし、到底庶民とは思えぬような極めて洗練された挨拶を寄こした。

 アンドレはその庭師を見て、ジルベールだと気づいた。こんな仕事をしているにもかかわらずその手は白いままで、それを見ればド・タヴェルネ氏もがっかりしたことだろう。

 アンドレは思わず赤面した。ここにジルベールがいることが運命の不思議な悪戯に思えたのだ。

 ジルベールがさらに挨拶を寄こすので、アンドレは挨拶を返してそのまま歩き続けた。

 だがアンドレはあまりにも公明正大で勇敢すぎた。心の動きに抗うことは出来なかったし、気がかりな疑問をそのままにしておくことも出来なかった。

 アンドレが引き返すと、真っ青になって暗い目つきで後を追っていたジルベールが、途端に生き返って飛んで来た。

「ここにいらしたの、ジルベール?」アンドレは冷たい声を出した。

「そうなんです、お嬢様」

「どうした偶然かしら?」

「お嬢様、人はしっかりと生きねばなりませんし、それも正直に生きねばなりません」

「運がいいってことはわかってるの?」

「大変です、お嬢様」

「何ですって?」

「お嬢様がお考えのように、大変に運がいいと言ったんです」

「誰に入れてもらったのかしら?」

「ド・ジュシューさんに。お世話になっているんです」

「何ですって! ジュシューさんと知り合いなの?」アンドレが声をあげた。

「最初にお世話になった方の友人だったんです。僕の主人のルソーさんのことですが」

「せいぜい頑張って頂戴!」アンドレは立ち去ろうとした。

「大分よくなったようですね……?」ジルベールの声は震えていた。胸の震えが声にまで伝わって消え入りそうになっているのが見抜かれてしまいそうだ。

「大分よく? どういうこと?」アンドレの声は冷たかった。

「でも……事故のことは……?」

「ああ、そうね……ありがとう、ジルベール。大分よくなったわ。もう大丈夫」

「よかった! 死にそうだったのに」ジルベールは激しく昂奮していた。「ひどく危険な状態だったんですから」

 頃合いね、とアンドレは感じた。王家の庭で働いているこの庭師との話をここらで切り上げるべきだ。

「それじゃあね、ジルベール」

「薔薇をお受け取り下さいませんか?」ジルベールはぶるぶると震えて汗まみれだった。

「くれると言ったって、あなたのものでもないのに」

 ジルベールは唖然として何も言い返せなかった。ジルベールがうなだれるのを見て、アンドレは優越感の入り混じった喜びを感じていた。やがてジルベールが顔を上げ、一番立派な薔薇の木から枝ごと花ををもぎ取り、落ち着き払って堂々と花びらを毟り出したのを見て、アンドレの気が咎めた。

 アンドレはあまりに公正で善良であるがゆえに、田舎者が礼儀作法を破ったことを咎め立てて理由わけもなく傷つけたことにも気づかずにはいられなかった。誇り高い人間が、自分が間違いを犯してしまったことに気づいたならどうするか。言い訳や謝罪が口元まで出かかったものの、それ以上は何も言わずに元のように歩き続けたのである。

 一言も発しないのはジルベールも同じだった。薔薇の枝を捨てて鋤を手にしたものの、自尊心が高いうえに腹黒いところのある人間だ。身を屈めて作業に取りかかったのは確かだが、そうしながらもアンドレが歩いてゆくのを目で追い続けた。並木道の外れまで行くと、とうとうアンドレが振り返った。アンドレは女であった。

 ジルベールは女の弱さにほくそ笑み、この戦いに勝利したことを胸に呟いた。

 ――アンドレは僕ほど強くない。僕なら勝てる。今は美しさや家名や財産がますます大きくなることに思い上がり、僕が愛していることに気づいて傲慢な態度を取っていても、見とれて震えている庭師に好意を抱かざるを得ないんだ。糞ッ! 震えるなんて男らしくないじゃないか。畜生、アンドレといると臆病になってしまう、いつか見返してやるぞ! だが今日のところはやるべきことも出来たし、敵を圧倒することも出来た……もっと弱くてもおかしくなかったんだ、僕には愛しているという弱みがあるんだからな。それが思っていたより何倍も強くいられた。

 暴れ出す喜びを抑え切れぬままにこの言葉を繰り返し、ぷるぷると震える手を智的な額に当てて黒髪をかき上げると、力一杯に鋤を花壇に打ち込んだ。糸杉や櫟の垣根を飛び越える子山羊のように、花にかぶせた容器の列を、風のように軽やかに飛び越えた。恐ろしい速さで走りながら何にもぶつかることなく斜めに突っ切ると、道なりに歩いていたアンドレが曲がるだろうと思われる地点で待ち受けることにした。

 案の定、アンドレが歩いているのが目に飛び込んで来た。物思いに沈んでいるというよりはしょげているようにして美しい目を伏せ、汗ばんだ手をそれとわからぬほど揺らしているためドレスが震えていた。鬱蒼とした熊垂クマシデの後ろに隠れていると、独り言でも呟いているように溜息を二度つくのが聞こえた。ついにアンドレが木立のすぐそばを通り過ぎたので、ジルベールは手を伸ばして触れることも出来そうだった。おかしな熱に浮かされて、今にも実行してしまいそうになる。

 だがジルベールは憎しみにも似た思いに突き動かされて眉間に皺を寄せ、胸に握り拳を押しつけた。

 ――また臆病風に吹かれたのか!

 それから小さく声に出し、

「綺麗なんだから仕方ない!」

 しばらくはそのまま見つめていられるはずだった。並木道は長く、アンドレの歩みはちょこちょこと緩やかだったからだ。ところがこの並木道には脇道があり、誰かがひょっこり姿を現す可能性もあった。そしてジルベールには間の悪いことに、実際に邪魔者が現れたのである。左手にある一本目の脇道、言いかえるならジルベールが隠れていた茂みのほぼ正面から。

 この邪魔者はすたすたと規則正しく歩いていた。頭を上げ、帽子を右腕に抱え、左手に剣を持っている。天鵞絨の礼服の上から、黒貂の毛皮で裏張りされた外套を纏い、形の良いふくらはぎと名家の人間らしく盛り上がった足の甲をすっくと動かしている。

 すたすたと歩いていたこの殿様、アンドレを目にして心が浮き立ったらしく、近道をして歩みを早め、一直線にアンドレを目指し出した。

 ジルベールはその姿を見て思わず小さく声をあげ、漆の陰で怯えたツグミのように逃げ出した。

 邪魔者の作戦は成功した。いつもやっていることなのだろう、三分前にはかなりの距離があったにもかかわらず、三分も経たずにアンドレに先んじていた。

 足音が聞こえたので、アンドレは脇によけて先に通そうとした。通り過ぎしなにアンドレは横を見た。

 殿様の方でもアンドレをまじまじと見つめていた。もっとよく見ようと立ち止まりさえして、振り返った。

「お嬢さん、そんなに急いでどちらまで行かれるのですか?」うっとりするような声でたずねた。

 その声の響きにアンドレは顔を上げ、三十歩ほど後ろで二人の衛兵がゆっくりと歩いているのを見た。声の主が貂の外套を纏い、青綬を着けているのを見た。この思いがけない出会いと雅やかな呼びかけに、アンドレは真っ青になって震え出した。

「陛下!」深々と身を屈めた。

「お嬢さん……」ルイ十五世が近づいた。「余は目が悪い。お名前をお聞きしても構わぬかな」

「マドモワゼル・ド・タヴェルネと申します」畏まって震えながら、やっと聞こえるほどの声で囁いた。

「ああ、そうだった! トリアノンを歩いているとは運がいい」

「王太子妃殿下がお待ちしているので、これから参るところでございます」アンドレの震えはますますひどくなる。

「それでは連れて行って差し上げよう。余も田舎の隣人として、娘を訪れるところなのだ。腕を取ってくれぬか。何と言っても同じ道を行くのだから」

 アンドレは視界に雲がかかり、血が心臓まで逆流するのを感じた。この世の最高君主である国王の手を取るという行為は、田舎娘にとってあまりにも光栄なことであり、信じられないほどの思いがけぬ名誉であり、宮廷中に妬まれるようなはからいであり、まるで夢のように感じられたのだ。

 ひどくおっかなびっくりなお辞儀を深々とされては、国王の方でも同じように挨拶せざるを得ない。ルイ十五世がルイ十四世のことを思い出すのは、決まって儀式と礼儀の問題の時だった。もっともそうした礼儀作法のしきたりはさらに昔に遡り、アンリ四世時代のものなのだが。

 とにかく国王はアンドレに手を差し出した。アンドレが燃えるようになっている指先を国王の手袋に置くと、二人はトリアノンの館に向かって歩き続けた。王太子妃は建築家と庭師頭と一緒にそこにいると伝えられていたのだ。

 ルイ十五世は歩くのが好きではなかったのだが、それがアンドレをプチ・トリアノンに連れて行くために長い道のりを歩いている。後ろからついてくる二人の士官にとっては、これは国王の手落ちであり、うんざりするような行為であった。というのも二人は薄着をしているのに、外は肌寒くなっていたからだ。

 どうやら間に合わなかったらしい。いるはずの王太子妃は見つからなかった。マリ=アントワネットは立ち去った後だった。王太子に六時から七時の間に夕食を摂る習慣があったため、待たせるのを嫌ったのだ。

 そういうわけで妃殿下は時間通りに到着した。王太子も時間には正確であり、少しでも早く食堂に行こうと、応接室の戸口で待っていた。それを見ると王太子妃はマントを小間使いに手渡し、王太子の腕をにこやかにつかんで食堂まで連れて行った。

 食事が二人のために用意されていた。銘々が食卓の真ん中に坐り、上座は空けておかれた。国王が不意に訪れることがあって以来、食卓が招待客で溢れていたとしても、誰も坐らないようにしていたのである。

 上座には錠のかけられた国王の食事が大きく場所を取っていたが、王太子は国王を待ったりはせずに食事に取りかかった。

 王太子妃の椅子の後ろには――従者が通れるだけの空間があり――低い段上にはド・ノアイユ夫人が背筋を伸ばして険しい顔で腰掛けに坐っている。それでも夕食に際して浮かべるべきにこやかな顔を忘れてはいなかった。

 ノアイユ夫人のそばには、王太子夫妻の夕食に臨席する権利を許された貴婦人たちがいる。

 週に三度、ノアイユ夫人は王太子夫妻と同じ食卓で夕食を摂っていた。だが摂らない日には夕食に臨席しないようにしていた。これが七日のうち四日席を外されることに対する抵抗手段であった。

 王太子妃からエチケット夫人の名を頂戴したノアイユ公爵夫人の正面には、ド・リシュリュー公爵が似たような段上に陣取っている。

 公爵も礼儀作法にはうるさい人間だったが、それを目には触れさせずに、たいていはこよなく洗練された態度の下に、ある時にはかすかな嘲笑の下に隠すことにしていた。

 これがお部屋付きの第一貴族と王太子妃殿下の第一侍女の違いである。その結果ノアイユ夫人はしょっちゅう会話を途切れさせ、リシュリュー氏はしょっちゅう会話を盛り上げていた。

 リシュリュー元帥はヨーロッパ中の宮廷を旅して来たし、その先々で生まれながらの洗練された態度を披露して来たために、見事なまでに如才なく作法に則って、外国の王子と食事を共にしたりデュ・バリー夫人の小膳式に臨席したりした際には、知っているいろいろな逸話を話して聞かせることが出来た。

 その晩の王太子妃は食欲旺盛で、王太子も食べるのに忙しいことにリシュリューは気づいた。これでは話をしても気に留められないだろうし、ノアイユ夫人に早々と煉獄のような時を味わわせるだけだろう。

 リシュリューが始めた哲学と演劇の話は、古くさい公爵夫人には二重に嫌悪感を抱かせるような話だった。

 まずは「フェルネーの哲学者」の最新の哲学的警句を話題にした。その頃には『アンリアード』の著者はそう呼ばれていたのである。公爵夫人が苛立っているのを見て話題を変え、部屋付きの貴族として、王立劇団員のご婦人たちに多少なりとも下手な演技をさせるのに大騒ぎしたことを、一切合切話して聞かせた。

 王太子妃は芸術を、とりわけ演劇を愛していた。ロークール嬢が身につけていたクリュタイムネーストラーの衣装が完璧だったことには気づいていたので、リシュリュー氏の話を聞き流すどころか大喜びで耳を傾けた。

 哀れな侍女は不作法も顧みず段上で身体を揺らし、音を立てて鼻をかみ、髪粉が撒き散らされるのも気にせずご立派な頭を振った。そのたびにモン・ブランの山頂を覆っている雪が北風に吹かれるように、頭を覆っている髪粉が舞った。

 だが王太子妃を面白がらせるだけでは完璧とは言えず、王太子のことも喜ばせなくてはならない。そこでリシュリューは演劇の話題を引っ込めた。フランス王位継承者は演劇にはまるで興味を示さなかったので、人間哲学について話をすることにした。イギリス人についてなら、ルソーがエドワード・ボムストンという人物に鮮やかに投影したような情熱を持っていたからだ。

 一方のノアイユ夫人は哲学者と同じくらいイギリス人が嫌いだった。

 新しい思想などうんざりだ。うんざりすれば自分らしくしていることが難しくなる。冷静沈着を自任するノアイユ夫人も、仮面に吠えかかる犬のように新しい思想には悲鳴をあげていた。

 リシュリューがこうした役を演じるのには二つの目的があった。一つにはエチケット夫人を苦しめて王太子妃を喜ばせること、また一つには几帳面なことが好きな王太子が道徳的な金言や数学の公式を嬉しそうに拾い集めるのを、至るところで見つけることであった。

 要するに見事にご機嫌を取っていたのである。その間もそこにいるはずだがいない人物を目の隅で探し回っていた。その時、階段のふもとであがった声が、よく響く穹窿にまで届いた。やがて踊り場で別の声が、そしてまた階段で別の声がその言葉を繰り返した。

「国王陛下です!」

 この魔法の言葉に、ノアイユ夫人は椅子から突き出したバネのように立ち上がった。リシュリューは普段通りにゆっくりと腰を上げた。王太子は慌てて口を拭い、席を立って顔を戸口に向けた。

 王太子妃は階段に向かった。出来るだけ早く国王を我が家に迎えるという栄誉に浴すために。


Alexandre Dumas『Joseph Balsamo』Chapitre XCI「Le petit couvert de M. le dauphin」の全訳です。


Ver.1 11/03/19
 

  HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む  TOP
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典

[註釈・メモなど]

 ・メモ
▼『アンリアード』の著者=ヴォルテール。

 ・註釈

*1. []。[]

  HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む  TOP
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典