この翻訳は翻訳者の許可を取ることなく好きに使ってくれてかまわない。ただし訳者はそれについてにいかなる責任も負わない。
翻訳:東 照
ご意見・ご指摘などは
メール
まで。
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典
HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む

ジョゼフ・バルサモ

アレクサンドル・デュマ

訳者あとがき・更新履歴
著者略年譜・作品リスト

第九十二章 王妃の髪

 国王はド・タヴェルネ嬢に腕をつかまれたまま踊り場におなりになった。そこですぐに時間をかけて慇懃に挨拶をしたので、リシュリューにもそれを観察するだけの時間があった。その気品には惚れ惚れするほどで、お声を掛けられた幸運なご婦人は何者なのかといぶかった。

 それがわかるのにも長くはかからなかった。ルイ十五世は王太子妃の腕を取った。王太子妃はすべて目にして、アンドレにもとうに気づいていた。

「簡単な夕食をお願いしに来たのだがね、庭を渡っている途中でタヴェルネ嬢にお会いしたのだ。そこでご一緒させてもらった」

「タヴェルネ嬢だと!」リシュリューはこの不意打ちに呆気に取られて呟いた。「いやはや、運がいいことだわい!」

「遅れたからといってアンドレ嬢を叱ったりはいたしませんし、むしろ陛下を連れて来て下さったことに感謝したいくらいですわ」王太子妃が淑やかに返答した。

 アンドレは花の真ん中に飾られたさくらんぼのように真っ赤になって、何も言えずにうつむいてしまった。

 ――とにもかくにも確かに美しい娘だ。リシュリューは内心で呟いた。――ド・タヴェルネのあんぽんたんが言ったことは、あながち大げさでもなかったのだな。

 国王は王太子の挨拶に応じてから、既に席に着いていた。曾祖父から受け継いだ食欲のままに、王太子夫妻が魔法のように瞬く間に用意させた料理に手をつけた。

 だがそうして食事を続けながらも、戸口に背中を向けたまま、何かを、否、誰かを探しているようだった。

 なるほどタヴェルネ嬢は如何なる特権にも浴していなかったし、王太子妃のおそば仕えに決まっている訳でもなかったので、国王の挨拶に深々とお辞儀して答えた後は、食堂には入らずに王太子妃の寝室に退っていたのである。これまでにも何度か、床に入った後で朗読させていたことがあったのだ。

 国王の目が探しているのが美しい同行者であることに、王太子妃は気づいた。

「ド・コワニー殿」王太子妃殿は、国王の後ろに控えていた若い衛兵に声をかけた。「タヴェルネ嬢をここに呼んで来て下さい。ド・ノアイユ夫人がお許し下さいますから。今夜は無礼講で参りましょう」

 コワニー氏が立ち去り、すぐにアンドレが連れて来られた。なぜ特別なはからいがされたのかまったく理解できずに、アンドレはぶるぶると震えながら入って来た。

「そこにお坐りなさいな、公爵夫人の隣です」

 アンドレはおずおずと段上に上った。混乱のあまり、侍女である公爵夫人から一ピエしかないところに坐るという思い切った行動に出た。

 当然のように侍女から恐ろしい目で睨まれて、ライデン瓶で触れられたように、少なくとも四ピエは後じさった。

 ルイ十五世がそれを見てにこやかな笑みを浮かべた。

 ――ははあ、そうか。とリシュリュー公爵は考えた。わしが首を突っ込むまでもない、すべてはひとりでに進んでおるのか。

 だから国王が振り返って元帥の目を見たときには、その眼差しを受け止める準備は出来ていた。

「ご機嫌よう、元帥閣下。ノアイユ公爵夫人とは上手くやっておるかね?」

「いつ会っても公爵夫人には不調法者扱いされてしまいます」

「シャントルーの路上でもそうだったのではないか?」

「わしが? とんでもない。陛下が我が家にお示し下さったご厚意を喜ぶあまりに、それどころでは」

 これは国王には不意打ちだった。人を皮肉る用意は出来ていたが、皮肉られるとは考えていなかった。

「余が何をしたというのかな?」

「陛下はデギヨン公爵に近衛軽騎兵聯隊の指揮権をお与えになりました」

「ああ、そうだったな」

「そのためには陛下のお力と手腕が必要だったはずです。それもクーデター並みの」

 食事が終わった。国王は一呼吸置いてから席を立った。

 おしゃべりは己の首を絞めかねなかったが、リシュリューは言葉をゆるめないことにした。そこで国王がノアイユ夫人、王太子妃、タヴェルネ嬢とおしゃべりを始めると、リシュリューは如才なさを発揮して、自分の思い通りの話題にまんまと誘導した。

「ことが上手く運んだ時には大胆になるものです」

「自分が大胆だと言いたいのか?」

「これまでわしに賜ったご寵愛に加えて、新たに陛下のご寵愛をいただきたいのです。陛下の良き友であり、古くからの忠臣であり、近衛聯隊にご子息がおる者がおります。そのご子息には才能はあるのですが、如何せん家が貧しい。大公女から聯隊長である大尉のお許しを賜ったものの、隊員がおらぬのです」

「その大公女とは余の嫁御のことか?」国王が王太子妃の方に顔を向けた。

「そうです、陛下。その若者の父の名はド・タヴェルネ男爵と申します」

「お父様……!」アンドレが思わず声をあげた。「フィリップ……! ではフィリップのために中隊を?」

 礼を失したことに気づき、アンドレは恥ずかしさで真っ赤になって後ろに退って手を合わせた。

 国王は振り返って恥じらい動揺するアンドレに見とれていたが、すぐにリシュリューに目を戻した。その好意的な眼差しを見れば、リシュリューの提案に喜んでいたのがわかる。いい機会を与えてくれたと考えているのだ。

「確かに素晴らしい方なんです」王太子妃が言った。「それにわたし、裕福にして差し上げると約束いたしました。大公というのも困りものね! 神様と来たら、せっかく善意を授けて下さっても、記憶や理性を取り上げてしまうんですもの。あの方が貧しくて、肩章を与えるだけでは足りず、中隊も与えなければならないと考えるべきだったのに」

「おや、妃殿下はその若者をご存じなのかな?」

「ええ、知っております」王太子妃は即答した。その仕種にアンドレは、何もなく質素ではあったが幸せな少女時代を送った自宅を思い出した。「知っておりますから、フィリップ・ド・タヴェルネ殿に聯隊長の地位を与えればすべて解決するものと思っておりました。フィリップ、というお名前でしたね?」

「はい、殿下」

 国王は気高く率直な顔ぶれを眺めた。それからリシュリューに目を向けると、何やら高貴な隣人に染められたらしき寛容な輝きに照らされていた。

「公爵め、余はリュシエンヌと一悶着せねばならんぞ」国王は独り言ちた。

 それからすぐにアンドレに向かって、

「今の話で喜んでくれるといいのだが」と声をかけた。

「陛下、是非ともお願いいたします!」

「では認可した。その貧しい若者に立派な中隊を選んでやり給え、公爵。まだ支払いが済んでいなかったり空きがなかったりしたなら、余が資金を作ってやろう」

 この寛大な行為に、会席者全員がいい気分を味わった。国王はアンドレの天使のような微笑みを手に入れられたし、リシュリューはその美しい口から感謝の言葉を受け取った。若い頃のリシュリューであれば、そこからさらに貪欲にさらにしがみついて求めたことだろう。

 客が次々に到着した。その中にはド・ロアン枢機卿もいる。王太子妃がトリアノンに腰を落ち着けて以来、せっせと取り入っていたのである。

 だが国王がその晩の間、丁寧な態度を取ったり好意的な言葉をかけたりしたのはリシュリューに対してだけであった。王太子妃に暇乞いをして自身のトリアノンに戻る時にはリシュリューを連れ出しさえした。老元帥は歓喜に身を震わせて国王に従った。

 こうして国王陛下がリシュリュー公爵と二人の将校と共に、宮殿に通ずる薄暗い並木道を戻っている頃、アンドレは王太子妃から退がるように言われていた。

「パリにこの朗報を知らせなくちゃならないでしょう。退って結構よ」

 アンドレは角灯を持った従僕の後に従い、トリアノンと使用人棟を隔てている百パッススほどの広場を横切った。

 その手前を、茂みから茂みに葉陰に飛び込み、アンドレの動きに合わせて目を光らせている影があった。ジルベールだ。

 アンドレが玄関前に到着し、石段を登り始めると、従僕はトリアノンの控えの間に引き返した。

 それを見計らってジルベールは玄関に忍び込んで、厩舎の中庭に入り込み、梯子のような螺旋階段を伝って屋根裏部屋まで上ると、その正面に、角部屋であるアンドレの部屋の窓があった。

 アンドレが同じ階に部屋のあるノアイユ夫人の小間使いを手伝いに呼んでいるのが見えた。ところが小間使いは部屋に入ると窓のカーテンを閉め、ジルベールの期待とその対象との間に厚いヴェールを降ろしてしまった。

 その頃には本邸に残っているのはロアン氏だけで、王太子妃に対してますますたっぷりとおべっかを使っていたが、王太子妃はそれを冷たくあしらっていた。

 ぶしつけ過ぎたかと枢機卿もそろそろ思い始めた頃、王太子が戻って来るのを見てますますその思いを強くした。そこで殿下にもわかるように深々と恭しく挨拶をして暇乞いをした。

 四輪馬車に乗り込もうとしていると、王太子妃の小間使いが近づいて来て馬車に身体を突っ込んだ。

「これを」

 柔らかい紙包みを手渡された枢機卿は、その感触にぞくっとした。

「これを」枢機卿も慌てて答えると、小間使いに中身の詰まった財布を手渡した。中身を空ければかなりの心付けになるだろう。

 枢機卿は時間を無駄にせず、パリに向かうよう御者に命じてから、市門に向かうよう改めて指示した。

 道中、薄暗い馬車の中で、枢機卿は恋人のようにうっとりとその紙包みに触れて口づけをした。

 市門に着くと、「サン=クロード街に」と命じた。

 それから間もなく、枢機卿は謎めいた中庭を通り過ぎ、再び無言の案内人フリッツのいる応接室を訪れていた。

 十五分待たねばならなかったが、ついにバルサモが姿を見せ、まさかこんな時間に人が来るとは思っていなかったのだと、遅れた詫びを伝えた。

 なるほど夜の十一時近い。

「仰る通りですね。お邪魔したことをお詫びいたします。でもいつか私に仰ったことを思い出していただかないと。ある秘密についてお約束したはずではありませんか……?」

「その日お話ししたのはある方の髪のことでした」バルサモが遮った。お人好しの枢機卿が手に持っている紙包みには既に目を留めていた。

「間違いない」

「髪をお持ちになったのですか、猊下? 結構です」

「ここにあります。終わった後でまた返していただけるのでしょうか?」

「火が必要にならない限りは……必要な場合には……」

「そうでしょうね」枢機卿が言った。「ですがその時はまた別のを手に入れます。答えは出ますか?」

「今日中にですか?」

「待ちきれないのはおわかりでしょう?」

「やってみないことには」

 バルサモは髪を手に取り大急ぎでロレンツァの部屋に上がった。

 ――これで王室の秘密も俺のものだ。神が隠しているこの世の秘密も俺のものだ。

 壁の向こうから、隠し扉を開くより早く、ロレンツァを眠らせた。だからロレンツァは暖かい抱擁でバルサモを迎え入れた。

 バルサモは泣く泣く腕を振りほどいた。どんなことがこの哀れなバルサモ男爵を苦しませるのかをお伝えすることは難しい。ある時には覚醒しているロレンツァの非難、ある時には眠りに就いているロレンツァの愛撫。

 ようやくのことで首にかじりついていたロレンツァの腕から抜け出した。

「さあロレンツァ」バルサモは紙包みを手渡した。「この髪が誰のものだかわかるか?」

 ロレンツァはそれを手に取って胸に押し当て、次いで額に押し当てた。目は開いているものの、眠っている間は胸と額でものを見ているのだ。

「ああ! 高貴な方の頭からくすねられたものです」

「そうなんだな?……幸せな人間のものか? 答えろ!」

「多分そうです」

「よく探すんだ、ロレンツァ」

「はい、多分そうです。その方の人生にはまだ影が見えません」

「だが結婚している……」

「あら!」ロレンツァがにっこりと微笑んだ。

「どうした? 言いたいことがあるのか?」

「その方は結婚しています、でも……」

「でも、何だ?」

「でも……」

 ロレンツァが再び微笑んだ。

「私だって結婚しています」

「だろうな」

「でも……」

 バルサモはぎょっとしてロレンツァを見つめた。催眠状態にもかかわらず、はにかんだような赤らみが顔に広がっている。

「でも、何だ? さっさと言うんだ」

 ロレンツァがまたもやバルサモの首に手を回し、胸に顔をうずめた。

「でも、私は処女です」

「その女、その大公女、その王妃も、結婚しているにもかかわらず、そうだと……?」バルサモが声をあげた。

「その女、その大公女、その王妃も、私と同じく純潔で処女です。いえ、私以上です。私と違って愛していないのですから」

「そうか! 感謝する、ロレンツァ。知りたいことはすべてわかった」

 バルサモはロレンツァを抱きしめ、髪をポケットに大切に仕舞うと、ロレンツァの黒髪の先を切り取って蝋燭で燃やし、王太子妃の髪をくるんでいた紙切れでその灰を包んだ。

 それから階下に戻りながら、ロレンツァを覚醒させた。

 枢機卿はじりじりとしながら疑わしげに待ちわびていた。

「どうでした、伯爵殿?」

「そうですね、猊下……」

「お告げは……?」

「お告げは猊下の期待通りのことを告げましたよ」

「そういうお告げがあったのですね?」枢機卿は歓喜した。

「とにかく、お望みのように解釈して下さい、猊下。お告げによれば、その方は夫を愛していないそうだ」

「そうですか!」ロアン氏は熱狂した。

「髪の毛ですが、その精髄から啓示を得るために燃やさざるを得ませんでした。灰はここにあります。お返ししようと思い、細心の注意を払って集めておきました。一粒百万フランのつもりで扱いましたよ」

「ありがとう、感謝いたします。お礼のしようもありません」

「その話はよしましょう。ただ一つ忠告がございます。その灰をワインに混ぜて飲んではなりません。そんなことをする恋人たちもたまにいるようですが。過度な思い入れは危険です。女の気持ちが離れても、あなたの愛が治まらなくなりかねません」

「気をつけよう」枢機卿は肝を潰した。「では、伯爵殿。失礼します」

 二十分後、枢機卿猊下の四輪馬車はプチ=シャン街の角でリシュリュー氏の馬車とすれ違った。家の工事で出来た大きな穴にもう少しで落ちるところだった。

 二人の貴族は互いの顔を認めた。

「おや、大公!」リシュリューが笑みを浮かべた。

「おや、公爵!」ルイ・ド・ロアン氏は口に指を当てた。

 二人は反対方向に向かった。


Alexandre Dumas『Joseph Balsamo』Chapitre XCII「Les cheveux de la reine」の全訳です。


Ver.1 11/03/19
Ver.2 12/10/10

  HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む  TOP
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典

[註釈・メモなど]

 ・メモ
▼「シャントルー」ショワズールの追放先。
▼「ある秘密についてお約束」→第59章「その方の金の巻き毛」

[更新履歴]

・12/10/10 「大公の方々ったらお気の毒に! 神様と来たら、せっかく意思を授けても、記憶や理性を取り上げてしまうんですもの。あの方が貧しいですとか、肩章を与えるだけでは足りずに、中隊も与えなければならないですとか、そんなこと考えなくともいいんじゃありませんの?」 → 「大公というのも困りものね! 神様と来たら、せっかく善意を授けて下さっても、記憶や理性を取り上げてしまうんですもの。あの方が貧しくて、肩章を与えるだけでは足りず、中隊も与えなければならないと考えるべきだったのに」

[註釈]

*1. []。[]

  HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む  TOP
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典