この翻訳は翻訳者の許可を取ることなく好きに使ってくれてかまわない。ただし訳者はそれについてにいかなる責任も負わない。
翻訳:東 照
ご意見・ご指摘などは
メール
まで。
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典
HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む

ジョゼフ・バルサモ

アレクサンドル・デュマ

訳者あとがき・更新履歴
著者略年譜・作品リスト

第九十五章 人の喜びは他人の絶望

「どうも、お嬢様。あたしです」ニコルは無邪気に挨拶をしたが、アンドレの性格を知っていたので不安はぬぐえずにいた。

「ニコル! いったいどうしたの?」アンドレは羽根ペンを置いた。こうして始まった会話を続けるにはその方がいい。

「お嬢様に放っておかれたものですから。あたしも来ちゃいました」

「放っておいたのにはそれなりの理由があるのよ。誰の許しを得てここに来たの?」

「そりゃあ男爵様ですよ、お嬢様」ニコルは美しい両眉を不満そうに寄せた。眉はラフテの努力のおかげで黒くなっている。

「お父様があなたをパリに。でもわたくしには必要ないわ……戻っていいわよ、ニコル」

「そんな……お嬢様には未練がないんですか……もっと喜んでもらえると思ってましたのに……だったらお好きなようにして下さい。そんな風にしたいんなら構いません!」ニコルは醒めたようにつけ加えた。

 そして努めて目に涙を浮かべてみせた。

 この非難に込められた気持と感情は、アンドレの同情を引くには充分だった。

「わたくしはここでお世話になっているし、食べる口を増やして王太子妃殿下にご迷惑をかけるわけにはいかないの」

「そんなに大口じゃありませんよ!」ニコルはにっこりと笑って見せた。

「そういうことじゃないのよ、ニコル。あなたはここにはいられないわ」

「それって似ているからですか? ちゃんと顔を見て下さい、お嬢様」

「そういえば何だか変わったみたいね」

「そのはずですよ。フィリップ様に役職を下さった貴族様が昨日いらっしって、お嬢様に小間使いがいないのを男爵様が悲しんでいるのをご覧になって、あたしの金髪を黒く変えることほど簡単なことはないって仰ってたんです。その方があたしを連れて来て下さって、髪を整えさせて下さって、だからあたしはここにいるんです」

 アンドレは微笑みを浮かべた。

「随分と心配してくれるのね。そんなにトリアノンに閉じこもりたいの? わたくしが囚人同然だからって」

 ニコルは素早く、だが念入りに周囲を確認した。

「この部屋は薄暗いですけど、いつもここにいるわけじゃありませんよね?」

「わたくしはそうだけど。でもあなたは?」

「あたしですか?」

「王太子妃殿下のサロンにも行けないし、遊んだり散歩したりお喋りしたりすることも出来ないし。ずっとここにいて、死ぬほど退屈するんじゃないかしら」

「ああ、でも窓がありますから。扉の隙間しかなかったとしても、一部だけならちゃんと見ることは出来ますし。こっちから見えるんなら、向こうからも見えるでしょうし……あたしにはそれで充分です。あたしのことは気になさらないで下さい」

「でもね、ニコル。命令もないのに勝手に出来ないの」

「誰の命令ですか?」

「お父様よ」

「それが条件ですか?」

「ええ、それが条件よ」

 ニコルは胸当てからド・タヴェルネ男爵の手紙を取り出した。

「どうぞ。あたしがお願いしても尽くしても駄目だって言うんでも、この推薦状なら大丈夫じゃないんですか」

 アンドレは以下のような手紙を読んだ。

 わしは耳にしたし人からも言われたが、アンドレ、お前はトリアノンで身分に相応しい扱いを受けておらぬそうだな。本来であれば女中二人と従僕一人が必要なのだぞ。わしに年収二万リーヴルが必要なのと同じことだ。しかしわしは千リーヴルで満足せねばならん。お前もわしに倣ってニコルで我慢しろ。ニコル一人で必要な召使い全員分の働きをするであろう。

 ニコルはてきぱきしておるし、智恵が回るし献身的だ。当地の作法もすぐに身につけるであろう。ニコルのやる気を奮い立たせるのではなく、やる気を抑えておくように気をつけるがいい。わしが犠牲を払っているなどとはゆめゆめ思わんでくれ。そんなことを思った時には陛下のことを考えるのだ。お前を見た陛下は親切にもわしらのことを考えて下さった。友人から聞いたところでは、お前が身なりや体裁に困っていることにも気づかれたそうじゃ。そのことを忘れるな、大事なことじゃぞ。

 最愛の父より。

 この手紙のせいでアンドレは痛ましいくらい途方に暮れた。

 こんな風に取り立ててもらってまで、瑕としか思えない貧しさに追いかけられなくてはならないとは。貧しいことが汚点のように忌まわしかった。

 怒りのあまり羽根ペンを折り、書きかけの手紙を破りかねないほどの勢いで、フィリップが全面的に賛成していた哲学的無私を長々と書き連ねようとした。

 だが書き上げたものを読んでいるうちに、男爵の皮肉な笑いが見えたような気がして、意気込みはたちまちしぼんでしまった。そこでトリアノンからの報せを一段落つけ加えることで反論に代えることにした。

 お父様、ニコルが先ほど到着しました。お父様のお気持はありがたく受け取ります。ですけどニコルについて書かれたことにはがっかりしました。こんな田舎娘を小間使いとして置いておくことが、豪華な宮廷で独りぼっちでいることより滑稽でないとでもいうのでしょうか? ニコルはへりくだったわたくしを見てがっかりするでしょうし、不満を抱くことでしょう。従僕たちが威張っているかへりくだっているかは、主人が贅沢か質素かによるのですもの。陛下がお目を留めて下さったことについては、残念ですけれど陛下はあまりにも気のつかれる方ですから、わたくしが貴婦人として失格なのをご覧になってもご機嫌を損ねられないのです。おまけに陛下はお優しい方ですから、お父様のお名前やお務めが誰の目から見ても認められるように状況を変えない限り、わたくしの窮状を指摘したりあげつらったりなさることが出来ないのです。

 これがアンドレの返事であった。この無邪気な誇り高さが誘惑の魔の手に容易く勝利を収めたことは認めねばなるまい。

 アンドレはもはやニコルのことであれこれ言わずに、引き取ることにした。ニコルはそうなる理由もちゃんとわかっていたので、欣喜雀躍して直ちに控えの間に面した右の小部屋に小さな寝台を用意した。その部屋のものはすべてが小さく、軽やかで、洗練されており、この質素な部屋にいればアンドレに迷惑をかけることはなさそうだ。ペルシアの賢者が水をたたえた花瓶に薔薇の葉を落としたのを真似ようとでもするかのように、中身を溢れさせずにものを詰め込めることを証明したがってでもいるようだった。

 アンドレは一時頃になるとトリアノンに向かった。いつもより急ぐことも着飾ることもなかった。ニコルはいつも以上に張り切っていた。心遣いも気配りも心積もりも、何一つとして抜かりはない。

 ド・タヴェルネ嬢がいなくなると、ニコルはまるでその部屋の主にでもなったような気持で、こと細かく点検した。手紙から化粧品の一つ一つに至るまで、暖炉から目立たない小部屋の隅々まで、あらゆるものを確認した。

 それが済むと窓から周囲の様子を観察した。

 下では広い中庭で馬丁たちが王太子妃のものである立派な馬の毛を梳いている。何だ、馬丁か! ニコルはそっぽを向いた。

 右側にはアンドレの部屋の窓と同じ並びに窓がいくつも並んでいる。そこからいくつか顔が覗いている。小間使いや床磨きだ。ニコルは馬鹿にしたようにほかに移った。

 正面の広い部屋では音楽家が合唱隊や楽団に、サン=ルイの弥撒のために何度も練習を繰り返させていた。

 ニコルが埃をはたきながら気分よく自己流に歌い出したので、音楽家はそれに気を取られ、合唱隊は歌を間違っても叱られずに済んだ。

 だがニコル嬢の野心の前ではこんな暇つぶしは長くは持たなかった。音楽家と合唱隊が言い合いを始めて互いに誤魔化し始めると、ニコルは最上階の観察に移った。どの窓の閉め切られている。とは言えあれは屋根裏部屋だ。

 ニコルはまた埃をはたき始めた。だが次の瞬間、屋根裏の一つが開かれた。何らかの仕掛けによって人知れず開いた如く、誰の姿も見えない。

 だが誰かがこの窓を開いたのだ。その誰かはニコルを目にしてそのまま見つめ続けたりはしなかった。無礼な奴め。

 これが少なくともニコルの考えたことだ。極めて念入りな観察を続けていたニコルである。この無礼者の顔を観察するのも当然のことだった。アンドレの部屋でおこなっていた作業を後回しにして、窓のそばに戻って屋根裏に目を向けた。いわば瞳を欠いたニコルから視力を奪っている、敬意の欠けた眼差しに目を向けたのである。窓に近づくと人の逃げ出したのが見えたような気がしたが……信じられなかったし、信じなかった。

 逃げ出した人物の背中を改めて目にして、用心していた以上に慌てて戻るくらい驚いているのだと、ほぼ確信した。

 そこでニコルは一計を案じた。カーテンの陰に隠れたまま、疑われるのを防ぐために窓を大きく開けておいたのである。

 長いこと待っていた。ようやくのことで黒い髪が現れ、震えながら飛梁に手を突いて用心深く身体を乗り出すのが見えた。ついにはっきりとその姿が露わになった。ニコルは危うくひっくり返ってカーテンをしわくちゃにしてしまうところだった。

 屋根裏から見つめているのは、ほかでもないジルベール氏の姿ではないか。

 ジルベールはカーテンが震えているのを見て企みに気づき、身体を引っ込めた。

 さらに用心して屋根裏の窓を閉めた。

 ジルベールがニコルを目にしたのは間違いない。ジルベールは驚愕していた。天敵がいることに納得しようとし、姿を見られると怒りと混乱にまみれて逃げ出した。

 以上がこの場面に関するニコルの解釈である。そしてそれは正しかった。確かにそう解釈すべき場面であったのだ。

 現にジルベールにとっては、ニコルに会うくらいなら悪魔に会う方がましだった。ニコルに覗かれているのを見て、言いしれぬほどの恐怖を感じた。ニコルに対しては黴の生えた嫉妬の種を抱えていた。コック=エロン街の庭で秘密を見られてしまっていた。

 ジルベールは恐慌を来して逃げ出した。恐慌だけではなく、怒りに任せて、拳を咬みながら逃げ出した。

 ――だから何だっていうんだ。どうでもいい発見に夢中になってたりして!……恋人がいたところで、糞ったれめ、だからといってニコルがここから追い出されることはないだろう。それなのにあいつがコック=エロン街の出来事を告げ口しようものなら、僕をトリアノンから追い出すことも出来るんだ……僕がニコルを捕まえたんじゃない。ニコルが僕を捕まえたんだ……畜生!

 ジルベールの自尊心が憎しみの火種となって、恐ろしいほどまでに激しく血をたぎらせた。

 ジルベールが願望や熱愛や花々と共に屋根裏から日ごと届けていた空想の数々を、アンドレの部屋に入るなりニコルが悪魔のように笑いながら蹴散らしてしまったのではないか――そんな気がした。それまではそうしたことを考えるのに忙しくて、ニコルのことなど忘れていた。或いはニコルに掻き立てられた恐怖が、そんな考えを吹き飛ばしてしまったのだろうか? 如何とも言い難い。だがこれだけは断言できる。ニコルの姿はジルベールにとって不愉快な贈り物だったと。

 遅かれ早かれニコルとの間には戦端が開かれるだろう。だがジルベールは慎重かつ政治的な人間だったので、自分に有利になるまでは戦争を始めるつもりはなかった。

 だからジルベールは死を装うことにした。何かのきっかけで生き返ることが出来るようになるまでの辛抱だ。或いはニコルが何らかの浅慮や欲求によって、敢えて一歩を踏み出し、せっかくの優位を失うのを待つまでだ。

 だからこれからもアンドレから目も耳も離さずに、警戒も用心も怠ることなく、廊下の一番端の部屋で起こっている出来事を知っておかなくてはならない。ニコルとは一度たりとも庭で出くわしてはならない。

 生憎というほかないが、ニコルは真っ白とは言えない人間である。現在のところはともかくも、過去を見渡せばいつ倒れてもおかしくないほどに躓きの石がごろごろしていた。

 それは一週間後に起こった。夕暮れも夜中も見張っていたジルベールは、ついに柵の向こうに見覚えのある羽根飾りを発見した。ニコルがそわそわと落ち着かなくなった。何を隠そうその羽根飾りは、取り巻きに混じってパリからトリアノンに移って来たボージール氏のものだったのである。

 しばらくの間ニコルはつれなかった。しばらくの間はボージール氏を寒さの中で凍えさせ、太陽の下で溶けるがままにさせた。こうした貞淑な振る舞いに、ジルベールはがっかりとしていた。だがある晩、どうやらボージール氏の身振り手振りも極みに達して説得に成功したらしく、アンドレがド・ノアイユ夫人と館で正餐を摂っている間を利用して、ニコルはボージール氏と一緒になった。ボージール氏は友人である厩舎の責任者を手伝って、アイルランド馬を調教していた。

 二人は中庭から庭園に移動し、庭園からヴェルサイユに通ずる鬱蒼とした並木道に移った。

 ジルベールは恋人たちを追った。さながら足跡を見つけた虎のように、残忍な喜びを感じていた。二人の足取りを数え、溜息を数え、聞こえた言葉を頭に刻みつけた。その結果に満足を覚えたのだと考えるべきであろう。というのもその翌日、あらゆる悩みから解放されたかの如く、ジルベールは屋根裏で鼻歌を歌いながら考えに耽っていた。もうニコルに見られても怖くはない。それどころかニコルの眼差しに立ち向かう気配さえ見受けられた。

 ニコルは恋人の絹手袋を繕っている最中だった。歌声を聞いて顔を上げ、ジルベールを眺めた。

 ニコルが最初におこなったのは、蔑むように口を尖らせることだった。刺々しく口を曲げ、一里先からでも敵意を感じるような……だがジルベールはこの目つきと口撃に笑顔で耐えた。挑発するように振る舞いながら歌を歌い続けたため、ニコルが顔を伏せて赤らめた。

 ――どうやらわかったようだな。僕が望んでいたのはそういうことだ。

 そこでジルベールは同じ動作を繰り返し、ニコルを震え上がらせた。何としてもジルベールと話し合いたい、あの皮肉な視線の重みから逃れたいというのがニコルの思いだった。

 ジルベールはまたもや追いかけらていることに気づいた。屋根裏にジルベールがいると知って、ニコルが窓際で立てている乾いた咳の音を間違えようがない。ジルベールが降りるのか上るのか案じながら、廊下で行ったり来たりしているのだ。

 精神力と行動力のすべてを費やして得た勝利に、喜びを爆発させた瞬間だった。ニコルは油断なく待ちかまえていたので、ジルベールが階段を上ればそれに気づいた。ニコルは声をかけたが、ジルベールは答えなかった。

 ニコルをさらに先へと突き動かしたのは好奇心であろうか、はたまた恐れであったろうか。ある晩、アンドレからもらった可愛いヒールを脱ぐと、思い切って震えながらも素早く軒下に忍び寄った。そこからならジルベールの部屋の出口を見ることが出来る。

 まだ陽が充分に残っていたので、ニコルが近づくのはジルベールには気づかれていた。花壇の繋ぎ目、いや切れ目を通り抜けているのがはっきりと見える。

 ニコルが扉を叩いた。ジルベールが室内にいるのを承知の上だ。

 ジルベールは答えなかった。

 だが誘惑に負けそうだった。許しを得に来た人間にいとも簡単に恥を掻かせることが出来るのだ。毎晩タヴェルネでは一人寂しくじりじり震えながら、扉を凝視し、女狐の魔性の魅力を貪っていたのを思い出した。自惚れに駆られて、閂を外そうとしていつの間にか手を伸ばしていた。いやが上にも慎重になって、押し入られぬように掛けていたというのに。

 ――いや、いけない。罠だ。お願いしに来たのだって、目的や企みがあってのことだ。そうとなったらニコルは何かを手に入れるに違いない。僕の方が何かを失わないとも限らないじゃないか?

 ジルベールは一歩も引かなかった。そうなるとニコルもニコルで一歩も引くまいと、さらに計略を練った。様々な策戦と対抗策の火花が散らされた結果、交戦中の二人はある晩に礼拝堂の入口で偶然出会い、以下の言葉を交わすに至った。

「あら、今晩は、ジルベール。ここにいたの?」

「今晩は、ニコル。じゃあ君もトリアノンに?」

「見ての通り、お嬢様の小間使い」

「僕は庭師見習い」

 ここでニコルが優雅にお辞儀をし、ジルベールも宮廷人のようなお辞儀を返し、二人は別れた。

 ジルベールは屋根裏に戻り、帰宅途中であったかのように振る舞った。

 ニコルは建物から出てそのまま歩いて行った。だがジルベールはこっそりと降りて来てニコルの後を追った。ボージール氏に会いに行くのだろうと見当をつけたのだ。

 案の定、並木道の木陰で待っている人物がいた。ニコルが近寄ったが、大分暗くなっていたのでそれがボージール氏かどうかは、ジルベールには見分けられなかった。羽根飾りがないのも解せない。部屋に戻るニコルは放っておいて、逢い引きの相手をトリアノンの囲いまで尾けることにした。

 それはボージール氏ではなく、年配というよりはむしろ高齢の人物であった。年を取っているにもかかわらず、大貴族の風格があったし、歩き方もきびきびとしている。ジルベールが大胆にも鼻先に触れんばかりまで近づいてみると、その人物はド・リシュリュー公爵だった。

「驚いたな! 指揮官代理の後はフランス元帥か。ニコル嬢も出世したもんだ!」


Alexandre Dumas『Joseph Balsamo』Chapitre XCV「Comment la joie des uns fait le désespoir des autres」の全訳です。


Ver.1 11/04/02

  HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む  TOP
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典

[註釈・メモなど]

 ・メモ

 ・註釈

*1. []。[]

  HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む  TOP
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典