この翻訳は翻訳者の許可を取ることなく好きに使ってくれてかまわない。ただし訳者はそれについてにいかなる責任も負わない。
翻訳:東 照
ご意見・ご指摘などは
メール
まで。
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典
HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む

ジョゼフ・バルサモ

アレクサンドル・デュマ

訳者あとがき・更新履歴
著者略年譜・作品リスト

第百二章 見知らぬ人物の言葉がジャン=ジャック・ルソーに与えた影響

 見知らぬ人物の口から不可解な言葉を耳にした後で、ルソーは辛そうに震えながら人混みを掻き分け、自分が年老いていることも人混みが苦手なことも忘れて道を切り開いた。やがてノートル=ダム橋にたどり着いたので、相変わらず思索に耽りながらラ・グレーヴ地区を突っ切って、自宅のある方に真っ直ぐ向かおうとした。

 ――要するに、秘伝を受け継いだ者たちが命を賭けて守っている秘密は、先人が手に入れたものなのだ。だから秘密結社は人々をふるいにかけてそれを手に入れる……わたしのことを知っていた人物は、わたしが仲間であり、恐らくは共犯関係にあることがわかっていたのだろう。そんな状態は馬鹿げている、我慢がならない。

 そんなことを思いながら、ルソーは足早に歩いていた。常日頃から、それもメニルモンタン街の事件があってからは警戒を怠ることがなかった。[*1]

 ――要するにわたしは、人類を改革する計画の核心が知りたかったのだ。イルミナティという名で飾られたいろいろな思想を知りたかったのだ。優れた思想がドイツというビールと靄の国からもたらされると信じるとは、何と愚かだったのだろう。馬鹿や山師と関わって、愚かさを隠す外套代わりにわたしの名を利用されることになるのかもしれない。いや、そんな風にはなるまい。稲光が深淵の場所を教えてくれたというのに、そこに自ら進んで身を投げたりはすまい。

 やがてルソーは杖にもたれて立ったまま一休みして、通りの真ん中でじっとしていた。

 ――そうは言っても、素晴らしい夢想だ。いつかの将来、奴隷にも自由が、障碍も音もなく勝ち取った未来、地上の暴君が眠りを貪っている隙にいつの間にか張られた網……あまりに好都合すぎて、信じる気になれなかった……恐れや疑いや妬みなど御免だ。そんなものは自由な精神や独立した身体に相応しくない。

 こんなことを呟きながら、いつしか歩みを再開していた。ド・サルチーヌ氏配下の警官たちがじろじろと目を光らせて、自由な心を脅かし、独立した身体に先を急がせた。ルソーは柱通りの暗がりのより深いところに迷い込むことになって、その下を歩き続けた。

 柱通りからプラトリエール街まではそう遠くない。ルソーは足を早めて、階段を上りながら追われたダマ鹿のようにほっと息をついた。部屋に入ると椅子に倒れ込んだまま、テレーズに何を聞かれても返事すら出来なかった。

 それでもようやく、昂奮している事情を説明できるようになった。走って来たこと、暑さ、親裁座で国王が怒りを見せたという報せ、恐怖に駆られた民衆が動揺し、その余波が蠢いていたこと。

 テレーズはぶうぶう唸って、そんなこと夕食を冷ます理由にはなりませんよ、第一ね、男の人なら小さな物音に怯えるような臆病者じゃあいけませんもの、と言った。

 ルソーは二つ目の発言に対して何も答えなかった。これまで形を変えて何度も言われて来たことだ。

 テレーズはさらに言葉を重ねた。哲学者みたいな空想癖のある人たちはね、みんな同じですよ……著作の中でわんわん喚くのをやめないじゃありませんか。何も恐れてはいないと言いながらね。神様も人間もどうでもいい存在だとか。そのくせ小さなワンちゃんがキャンキャン吠えただけで、「助けてくれ!」と叫んだり、熱が出ただけで、「死にそうだ!」と叫んだりして。

 これはテレーズお得意の話題だった。こうなるとテレーズのおしゃべりにますます磨きがかかり、生来おとなしいルソーはますます口ごもってしまう。こうしてルソーは辛辣な調べに乗せて思いを馳せていた。いくら罵詈雑言を浴びせられようとも、テレーズの思っていることに劣らず大事なことを考えているのだ。

「幸せとは香水と小言で出来ている。音と匂いは昔から変わらない……玉葱からは薔薇ほどいい匂いがしないと誰が決めたんだ? 孔雀には夜鶯ナイチンゲールほどの歌声がないと誰が決めたんだ?」

 それなりの逆説と言えなくもないこの箴言を合図に、二人は食卓に着いて夕食を摂り始めた。

 ルソーは食事を終えると、いつものようにチェンバロの前には行かずに、部屋を何度もうろつき回り、幾度となく窓からプラトリエール街の様子を確かめた。

 こうなるとテレーズが嫉妬の発作に囚われた。からかい好きな人々、言いかえるならこの世でもっとも嫉妬深くない人々が不快を感じて起こすような発作である。

 なるほど不愉快なのが見せかけであるのなら、欠点ではあってもなお長所と言えなくもない。

 テレーズはルソーの女々しさ、体質、性質、習慣を心から軽んじていたし、ルソーが年老いて、身体を壊し、醜くなったことに気づいていたから、夫を奪われることなど思いも寄らなかった。違う見方でルソーを見つめる女がいるとも思えない。とは言うものの、嫉妬の苦しみは女にとって蜜の苦しみ。そこでテレーズも時にはそんなご馳走を味わうことにしていた。

 そこでルソーがちょろちょろと窓に近づき、考え事に耽ってじっとしていないのを見ると、

「随分とそわそわとしているじゃありませんか……ちょっと前に誰かと会ってたんでしょう」

 ルソーがぎょっとして見つめたので、テレーズはますます確信を深くした。

「その人とまた会えないかと思ってるんですね」

「何だって?」

「逢い引きの約束があるんじゃありませんか?」

 嫉妬しているのだということにようやく気づいた。「逢い引きだって? 馬鹿だね、テレーズ!」

「馬鹿げたことだってのはようくわかってますよ。でも何をやらかしたっておかしくない人ですからね。ほらほら、紙粘土みたいな顔をしてますよ、胸も波打ってるし、乾いた咳をしているじゃありませんか。その女をものにしてくればいいんですよ。あなたには丁度いいんじゃありませんか」

「だがねテレーズ、本当に何でもないんだよ」ルソーは顔をしかめた。「静かにしておいてくれないか」

「あなたは放蕩者なんですよ」これまで以上に真面目な口振りだった。

 事実を言い当てられたかお世辞でも言われたように、ルソーは顔を赤らめた。

 そこでテレーズが考えたのは、恐ろしい顔をして、食器をひっくり返し、音を立てて扉を閉め、冷静なルソーをもてあそぶくらいのことはしてもいいということだった。つまり子供たちが金属の輪っかを箱に入れて大きな音を立てて振るようにである。

 ルソーは自分の部屋に逃げ込んだ。こんなに騒がれては考えもまとまらない。

 河岸で話しかけられた人物の謎めいた申し出に応じないと、恐らくまずいことになるだろう。

 ――裏切り者に罰が与えられるのなら、小心者や怠け者にも罰があって然るべきだ。大きな危険が何もないことも、大きな脅威が何もないこともわかっているではないか。そんなことで刑罰や処刑を喰らったりすることは滅多にない。だが復讐や陰謀、詐欺のような細々としたことに気をつけなくては。いつかフリーメーソンの会員たちに、馬鹿にされた仕返しだといって階段に綱を張られかねない。足を折って、一桁しか歯が残らないなんてことにも……或いは、建築現場を歩いていると頭上から石材が落ちてくる……いやもしかすると、この近くに誹謗小冊子パンフレット書きが住んでいるかもしれない。それも同じ階に住んでいて、窓からパンフレットを投げ込みはしないだろうか。あり得ないことではない。会合はプラトリエール街でもおこなわれているのだから……あることないこと書いて、パリ中でわたしを笑いものにするつもりだろう……そこいらじゅうに敵がいるのだから……

 やがてルソーは別のことを考え始めた。

 ――わたしには勇気がないのか? 名誉は? わたしは自分と向き合うのが怖いのだろうか? 鏡を見ても、そこに映るのは臆病者や悪戯者でしかないのだろうか? いや、そんなことはない……たとい世界が寄ってたかってわたしを不幸に陥れようとも、たといこの通りの地下室が崩れ落ちて来ようとも、出かけよう……それに、推測してばかりだから恐れも生まれるのだ。あの男に会ったせいで、帰って来てからずっと馬鹿なことにばかり考えを巡らせてしまう。こうなってしまうと何もかも信用できなくなる、自分自身さえも! 理屈ではない……自分が昂奮しやすい人間でないのはわかっている。結社に素晴らしいところがあると思ったのなら、それは本当に素晴らしいところがあるからだ。わたしが人類の改革者ではないというのだろうか。おたずねものになり、無限の力を持った警官たちから著作を調べられていたわたしが。人々がわたしの著作をたどって、理論が実践に移されるべきときが来れば、わたしは用済みになるのだろう!

 ルソーは俄に活気づいた。

 ――素晴らしいことだ! 時代は進む……人々は痴呆状態から抜け出し、暗闇の中に足を踏み出し、手を伸ばすに違いない。巨大なピラミッドが聳え、その上にはいつの日かジュネーヴ市民ルソーの胸像が掲げられることになるのだ。有言実行、自由と生活のために戦い、自らの主義に忠実だった男として。真理に命を捧ぐVitam impendere vero

 それからルソーはチェンバロの前に移動し、もやもやした思いを大仰で堂々とした勇ましい調べに変えて、楽器の脇から音を出した。

 夜が訪れた。テレーズは気持を張り詰めすぎてぐったりしてしまい、椅子の上で眠りこけていた。ルソーは胸をどきどきさせながら、まるで逢い引きにでも出かけるかのように新しい服に着替えた。鏡に映して黒い目を確かめてみると、生き生きとして雄弁に動いていた。いい徴候だ。

 ルソーは籐の杖を突いて、テレーズを起こさぬように部屋から抜け出した。

 だが階段の下まで来て、通りに面した扉の鍵を回してから、ルソーが真っ先におこなったのは、外を覗いて町の様子を確かめることだった。

 馬車は一台も通っていない。いつもと変わらず通りにはたくさんの人が散歩しており、いつもと同じく顔を合わせ、売り子の女性目当てに店先で立ち止まっている人たちも多かった。

 このうえ一人増えたところで誰も気づくまい。ルソーは人混みに飛び込んだ。目的地までは遠くない。

 ヴァイオリンを手にした歌うたいが門の前にいるのがわかった。正真正銘のパリっ子なら耳を奪われるような音楽が通りに響き、楽器の音や歌声がルフランを繰り返したいる。

 だからその場を取り囲んでいる聴衆を除けば、通行の邪魔になるようなものは何もない。通行人はこの聴衆の右か左に進まなくてはならない。左に向かえば通りを横切ることになる。右に向かえばその反対に、注目の的となっている家に沿って進むことになる。

 通行人の多くが罠にでも落ちたように道を彷徨っていることに、ルソーは気づいた。どうやら同じ目的地に向かっているらしいとわかり、後をついて行くことにした。簡単なことだ。

 そこで聴衆の後ろに回り、さも音楽でも聴くように足を止めて、誰かが出入り自由な並木道に入るのを見逃すまいとした。人より慎重なのは、恐らく人より危険を冒さなくてはならないからだろう。ルソーは何度も機会を窺っていた。

 長くは待たずに済んだ。通りの向こうからやって来た二輪馬車が、人の輪を二つに割り、二つの半円を家屋に向かって押し返した。気づけばルソーは並木道の入口に立っていた。進むしかない……野次馬たちは二輪馬車に気を取られて、家に背を向けている。誰からも見られていないのをこれ幸いと、暗い並木道の奥に姿を消した。

 数秒後、光が見えた。その下に寛いで坐っている男が一人、その日の店を畳んだ商人然として、新聞を読んでいるか読んでいるふりをしている。

 ルソーの足音を聞きつけて、その男が顔を上げ、胸に指を押し当てるのが、明かりの下ではっきりと見えた。

 ルソーも口唇に指を当ててその符丁に答えた。

 すぐに男が立ち上がり、右手の扉を押した。その扉は男がもたれていた羽目板に巧妙に擬装されて、それとはわからないようになっていた。険しい下りの階段が見える。

 ルソーが中に入ると、扉が音もなく素早く閉じられた。

 ルソーは杖の助けを借りて階段を降りた。第一関門の段階で首や足を折りかねないことを会員たちから強いられるのは、いい気分ではない。

 だが階段は険しいにしても長くはなかった。十七段進むと、目と顔が熱気に襲われるのを感じた。

 湿った熱気の正体は、地下室に集まった大勢の人々の息だ。

 赤と白の壁紙が貼られた壁に、様々な種類の工具が描かれたいた。実物通りではなく、図案化されているようだ。ランプが一つだけ穹窿からぶら下がり、木製の腰掛けベンチの上で囁き声を交わしている幾つもの正直そうな顔を、不吉に照らしている。

 床には板敷も絨毯もなく、重ねた茣蓙が足音を消していた。

 だからルソーが入室しても、何の騒ぎも起こらなかった。

 現れたことに気づかれてもいないようだ。

 五分前にはこうした反応しか望んでいなかったにもかかわらず、いざ実現してみると寂しさを感じた。

 後列のベンチが空いている。ルソーはなるたけ遠慮して、誰よりも後ろに坐った。

 数えてみると三十三人の人間が集まっている。演壇は議長のために空けられていた。


Alexandre Dumas『Joseph Balsamo』Chapitre CII「De l'influence des paroles de l'inconnu sur Jean-Jacques Rousseau」の全訳です。


Ver.1 11/05/28

  HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む  TOP
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典

[註釈・メモなど]

 ・メモ

 ・註釈

*1. [メニルモンタン街の事件]。『孤独な散歩者の夢想』第二の散歩より。ルソーは犬にぶつかって倒れて夜まで気絶していた。[]

  HOME  翻訳作品   デュマ目次  戻る  進む  TOP
New  リンク  翻訳連載blog  読書&映画日記  掲示板  仏和辞典